ANA代理店

木之内トラベルは、全日空の代理店としてANAで行く飛行機の旅をご紹介しています。
最新鋭の機体で空の旅をお楽しみください。

ana_img01

ANA787とは?

2011年11月1日に待望の最新鋭機ボーイング787が国内線に導入されました。
ボーイング787は、主翼や接合部などの重要な部品が日本企業製でありまさに「準国産」とも呼べる最新鋭機。
「日本の心と技術を乗せて。」約10年にわたる開発と試験を繰り返し、世界の期待を一身に集めて飛び立つ次世代航空機ボーイング787。
ボーイング787には、ANAの知恵と日本の技術力が詰まっています。

ここが凄い!BOEING787の特徴

●夢の次世代機「ドリームライナー」

200~300人乗りの中型機にして、大型機並みの航続距離が可能なだけでなく、高効率・低燃費を実現し、燃費効率を20%向上させています。

●気圧高度を抑えた快適な乗り心地

機体にかかる負担への配慮から高く設定されていた気圧高度を大幅に下げることに成功。気圧差による不快症状を大きく和らげます。

●Made with Japanese Technology

ボーイング787の機体の全部品のうち、35%の主翼や結合部などの重要な部品を日本企業が担当。まさに「準国産」とも呼べる最新鋭機です。

●揺れを抑える自動制御システム

飛行操縦コンピューターが揺れを吸収するように舵を自動補正。高度に電子化された機体は、よりストレスの少ないフライトを実現します。

●開放感あふれる客室空間

従来機(ボーイング767)より約75cm広いキャビン幅を生かし、今までにない開放感と落ち着きをかなえます。

●ゆとりある収納スペース

中型キャリーを入れても余裕のある収納スペースはもちろん、広々した頭上の空間も確保できるように、設計を一新しました。

●客室をやさしく照らすLED照明

機内照明にLED(発光ダイオード)を採用。今まで以上にリラックスできる空間を演出します。

●ウォシュレット装備のラバトリー

TOTO、ジャコム、及びボーイング社共同で開発した航空機向け温水洗浄機機能付き便座「ウォシュレット」を各クラスに搭載しました。

●約1.3倍もワイドになった窓

機体強度アップにより、窓の拡張が可能に。便利な電動式のシェードも備えています。

●軽量・高耐久のカーボンを使用

機体の約50%に新素材のカーボンファイバー複合素材を採用。これにより、大幅な整備コストがかかっていた機体の錆や金属疲労など、様々な問題を解決しました。

●クリーンで快適な空気環境

給気口を4か所に増やしながら、乾燥しがちだった機内湿度も大きく改善しました。

●高い燃料効率&静音仕様のエンジン

燃料効率を約20%向上し、CC2排出量を約20%、NOx排出量を約15%減少させた最新エンジンを装備。また、独特な形をしたエンジンカウリングにより騒音も大幅に低減しました。

このページのトップに戻る